趣味のリーディングで正式の保護ロケーションを探し求める毎年。

昔から、割と本読み(と言うか活字?)が好きですが、大人になってから自分で小遣いを稼ぐようになってからは、
ほしい正式を年中選べるようになり嬉しい反面、そのトランク場所に段々窮するようになってきました。
昔は、塾や公共のライブラリーを利用していたので、きちんと正式が広がることはなかったので、特に抱える
本棚で多彩間に合っていましたが、今は家にどれだけいるんだろう??数えたことはありませんが、マンガやその他文庫本などを
あわせたら1,000冊以上はあるかもしれません。
正式を貰う時折、便宜上おかしいか何とかわからないので、やっとよむミュージシャンの場合には、とにかく古本を買っている。
気に入れば、そのミュージシャン君の出した作を総合読まないと気が済まないので、ミュージシャン君によっては、何十冊も買うことに
なります。そういった時には、主として古本でそろえているので、それほどの費消にはなりません。
ただし、トランク所が弱るんですよね…。
本来、自分の部屋のウォールにズラッと並べたい位置なのですが、私の部屋には塀が薄い!!
窓や部屋のシャッターなどで、一面総合塀、という部分がないのです。
しかたなく、あちこちに小さめの本棚やトランク棚などを置いて、そこに収納していますが、もうそろそろ、そちらも一杯になりそう…。
かく変わる上述は、父親の書斎に…とも思っていますが、そこにももう私の正式が200冊以上はあるので、次はどこに置けばいいんだか。
自身は正式を買うと、その1冊を何回も読み直すので、置き忘れるという代替えはないし。
次は、どこに正式を置こうかと考え込む日々は続きます。モビットatm場所