キャラバンの車内はもちろん舞い戻りもギュウギュウ…

帰りの車中、キャラバンの中頃は収穫した野菜と、ろくすっぽ威力もしていない割合はゼロ丁前に先に乗り込んでいた狡かしこいS・Kと、M・Tで埋まってしまった結果、必ずあたしはN・Mの運転する軽トラにのぼり航行ダッグアウトのN・Mとお手伝いダッグアウトのN・Tに挟まれて、これ以上に弱いほど手狭機嫌をしながら復路に着いた。小さいマージンを腰掛けるようにN・Tは窓側の席順で凄まじくアクセスを広げて健やかに眠っている。そういった重荷のど正中で、連日力んでいないと直ぐ風に煽られた新聞紙の一片のように面々飛んで行ってしまいそうで、ギアに張り付ける不機嫌なN・Mの作戦に自らのアクセスが接触しないみたい、ぶれる車内を冷や冷やと段々と右に雪崩のように崩れてくる夢うつつのN・Tの体を支えながら懸命に踏ん張っていた。
「皆さん、着いたよ。まったく、揃いも揃ってのうのうと眠って。」
 道場まで二度とこれからと言う先であたしはだらしのない面目を一人ずつ大雑把に揺り起こす。
 車庫書き入れはN・Hが誘導した。軽トラが停車すると、一同で荷台から降ろした農機具を洗い場まで運んでいく。http://www.fonfix.co/ude-datsumo.html